宵月暁陽

十二の色が統べる世界。魔法と剣の拮抗する場所。異形とそれを斥ける者、画策する者、交錯する色達の物語。 

//各幕題・章題クリックで目次が開閉します。 
//最新:第零断章『十二月十日昼』〜『十二月十二日夜』(2017/09/19) 次回更新予定:不定   //過去の更新履歴はこちらからどうぞ。 

   

 第一幕 -Yaullus accat-

 表紙 -AcChrrunix-
本篇を"ご覧になる前に"。 

   

   

 第二断章 -Refioces-
 
第二の断章。蒼の大樹より出でて、"明瞭に"空晴れる一幕。 

   



 第二幕 -Dimmlasix accat-

 表紙 -AcChrrunix-
第二幕を"ご覧になる前に"。 

   

   

 第三断章 -Syxazitt-
序 『六二七〇年十一月二十八日』 
『六二七〇年十二月一日』 
『六二七〇年十二月二日』 
『六二七〇年十二月三日朝』 
『六二七〇年十二月三日夕』 
『六二七〇年十二月三日夜』 
『六二七〇年十二月四日早朝』 
『六二七〇年十二月四日朝』 
『六二七〇年十二月四日昼』 
『六二七〇年十二月十日昼』 
『六二七〇年十二月十一日朝』 
『六二七〇年十二月十一日昼』 
『六二七〇年十二月十一日夜』 
『六二七〇年十二月十二日朝』 
『六二七〇年十二月十二日昼前』 
『六二七〇年十二月十二日昼』 
『六二七〇年十二月十二日夜』 
 
 
 
 
 
第三の断章。"霧深い"草原に在る一幕。 

   










 その他

 拍手他
 web拍手 
 
 
 
 
 
 
その他、諸々。

   

Oltyr Effishix.



Copyright (C) 雪見奏 All Rights Reserved.